車検

車検について知ろう

車検の有効期間

投稿日 2014年5月24日 1:26 PM | 投稿者 けんいち

車検には有効期間が定められています。自動車に乗り続ける場合は、有効期限を迎える前に車検を受けて、車検証と検査標章の交付を受けておかなければなりません。期間が満了する日は、車検証にかかれているほか、検査標章の色と印字されている数字などでも分かります。
車検の有効となる期間は1~3年の間で定められており、車種や用途により、また初回検査かそうでないかにより異なります。例えば、乗車定員11人未満の自家用車は新車登録をしてから3年後に初回検査を、以降は2年に1度は検査を受けなければなりません。これに対して、乗車定員11人以上の自家用車や、幼児運搬車、8t以上の貨物自動車、バスやタクシーなどの旅客運送用の自動車では、初回検査は新車登録から1年後、以降は1年に1度の検査が必要とされています。つまり、毎年必ず車検を受けなければならないということになります。
また、有効となる期間の起算日は車検をいつ受けるかによって異なります。有効期限から1ヶ月以内にあたる期間に車検を受けた場合は、車検を受けた日ではなく、有効期限日が起算日となります。一方、有効期限から1ヶ月以上前の期間に車検を受けた場合は、車検を受けた日が起算日となります。つまり、有効期限から1ヶ月以上前にあたる日に車検に出してしまうと、有効期限から1ヶ月以内に当たる日に車検に出した場合より次回の車検の時期が早くやってくることになります。この点は注意が必要です。

コメントを受け付けておりません。