車検

車検について知ろう

2014年5月 のエントリー


ユーザー車検の受け方

2014年5月24日 - 13:29 | 投稿者 けんいち

ユーザー車検は使用者の権限だけで受ける事の出来る制度ですので、誰でも申し込めば出来ますし特に資格や経験も要りません。現在は車検と24ヶ月点検は直接関係なくなっているので、24ヶ月点検をしてから出ないと車検が受けれないと言う形式ではありませんので、とりあえず先に車検を受けるのも悪くないです。ただしまったく点検をしないで車検を受けると検査に落ちる可能性も高くなるので、24ヶ月点検をキチンを行うかどうかとは別に、ポイントを点検しておく方が良いでしょう。車検は管轄の陸運支局へ申し込みます。現在予約はネット上で行うようになっていますのでパソコンを使ってインターネットから行います。そうでない場合は電話等での予約を受け付けていないので直接行って予約することになるでしょう。一般的な検査である継続検査なら管轄の陸運支局でなくても受けれます。また、当日は書類をそろえていくことが大事です。継続検査に必要なのは、自動車検証、自賠責保険書、新しく入ったものと古いものと両方、自動車税の納税証明書、重量税納付書、OCRシート、自動車検査票となります。後整備の場合は点検記録簿は要りません。車検を受けるのには自動車税を感応している必要があるので、まだ払っていない場合は予め納付しておく必要があります。書類がそろったら、証紙で重量税をp納付して、検査手数料を払って、受付をして、検査ラインに並びます。車検は難しくはないですが、なれないとうまく出来ないかもしれません。合格すると直ぐに新しい車検証が交付され、窓ガラスに張る検査のステッカーがもらえるのでそれを貰って帰ります。

カテゴリー 未分類 | ユーザー車検の受け方 はコメントを受け付けていません。

車検切れと仮ナンバー交付

2014年5月24日 - 13:28 | 投稿者 けんいち

もし、自分の車の車検が切れてしまったらどうしますか。 車検を受けられる工場やディーラーまで自走できないとすると、レッカー車やキャリアカー(トラックの荷台に車を載られるトラック)に迎えに来てもらう?  でも費用が掛かりそう・・・  そんな時に助けになるのが「仮ナンバー交付」なのです。

手続きは、自分が住んでいるところ、または車の車庫所在地の区役所・市役所・町役場で行います。 申請に必要なものは 1.運転免許証  2.印鑑  3.自賠責保険の原本  4.手数料(市町村によって違いはありますが750円程度) 5.運行する自動車を確認するための書類(自動車車検証・譲度証明書・抹消登録証明書・自動車通関証明書・登録事項証明書・ 予備検査証・軽自動車検査証返納証明書・自動車保管場所証明) のいずれか1つ。

以上の書類を用意して市区町村の窓口に行き、自動車臨時運行許可申請書を車検証を見ながら書き込んで提出すれば、その場で 仮ナンバー交付となります。  貸し出し期間は当日を含め3日間となるので期間中に返す必要があります。 貸し出し期間を過ぎて使用すると、車検切れいわゆる無車検扱いとなり違反点数6点、、12ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金、という罰則が科せられてしまうので 注意が必要です。

カテゴリー 未分類 | 車検切れと仮ナンバー交付 はコメントを受け付けていません。

1日車検とは?

2014年5月24日 - 13:28 | 投稿者 けんいち

1日車検は短期間で車を返却してもらえる車検サービスです。
一昔前の車検は、車検会社の保有する検査工場に数日車を預け、その間は代車をレンタルするのが一般的でした。しかし数日とは言え慣れない代車で過ごさなければならず、さらに法定諸費用として重量税や自賠責保険料、印刷代、リサイクル料金と整備費用などの費用がかかるため業界では車検の迅速、簡略化が行われてきました。
1日で済む短期の車検では、これまでと比べて費用が必要最低限となっており、かつ車の返却も早いので、昨今では一般的な車検サービスになっています。
ある大手の車検チェーン店では、必要な手続きをする時間と、30分~60分で完了する車検サービスを行っています。費用は車検料が9,500円、自賠責保険26,370円、重量税6,600円、印刷代1,100円と、合計45,000円以下で依頼できます(軽自動車の場合)。
最近ではディーラーなどで行われている、45分車検というものも存在します。これは消耗品を事前に用意するなどして点検・整備をさらに短縮し、迅速化したものです。
車検にかかる税金や自賠責保険などの額はどの車検会社でも同じですが、整備費用と部品を交換するかどうかの判断は各々の会社によって異なるため、時間や費用に若干の差はあります。ただ車検を通すだけであればユーザー車検でも事足りますが、きちんと整備していなければ事故などの危険が伴い、結果的に整備費用よりも高額の修理費用を払うことになる恐れがあるため注意が必要です。

カテゴリー 未分類 | 1日車検とは? はコメントを受け付けていません。

指定工場と認証工場の違いとは?

2014年5月24日 - 13:27 | 投稿者 けんいち

指定工場とは、別名で民間車検場と言われています。本来、陸運局が行っている自動車の車検を陸運局に代わって行える権利を有しています。 その為、設備も陸運局と同じ検査ラインを持っています。 ですので、ここで車検の検査を行ってクリアすれば、書類を陸運局に提出するだけで新しい車検証を発行されます。 スタッフも国家資格である国家整備士資格を持っていたり、工場の設備も最新鋭のものをそろえていたりします。 ただ、国から指定されている工場ですので、一台でも検査不十分な自動車を車検で通してしまったら、営業停止などの重い処分が下されます。それ故、ここでの車検は陸運局より若干厳しいです。 大体は、自動車ディーラやフランチャイズの自動車整備工場や一部のガソリンスタンドが、これに当てはまります。

認証工場は、自動車の点検や整備は行いますが、車検に関しては自前で設備を持っていませんので、行うことが出来ません。 ですので、実際の車検は陸運局に持ち込まなければなりません。 仮に車検で検査不十分な所があった場合は、一度工場に持ち帰って修理してから再度、陸運局に持っていかなければならないという煩わしさがあります。 認証工場でも、しっかりしているところがありますので、車検をするときはどちらの工場がいいかとは一概には言えません。

 

カテゴリー 未分類 | 指定工場と認証工場の違いとは? はコメントを受け付けていません。

車検にまつわるトリビア 

2014年5月24日 - 13:27 | 投稿者 けんいち

新車を購入して3年目、その次から2年ごとに車検を受けなければいけません。
これは法律で決められて点検で、重量税の納税と自賠責保険(強制保険)と一緒に支払いこの検査を受ける義務があります。
通常では、ディーラーや、専門業者、修理工場などでこれを受けるのが一般的な方法ですが、支払う費用はその業者によって大きく違うようです。
自賠責と納税はクルマを所有する人の義務としてあるのですが、そこに基本検査料金やテスター代金、交換部品、整備費用などの諸々が入れば大きな費用になります。
法定費用といわれる自賠責と重量税はどのクルマもクルマの大きさで決まり一律です。
しかし、問題はそのほかにいくらお金を支払うかです。
基本検査料というのは、そのお店によってまちまちで、ほとんど曖昧です。
テスター代も1500円程度から7000円ぐらいまで曖昧です。
部品は定価と工賃が別々に掛かります。
最低でも法定料金以外に3万円以上はかかり、部品交換が多い場合5万円以上10万円ほどになることもざらです。
例えば軽自動車で費用が法定料金50000円としてそこに基本検査料15000円部品交換と工賃が20000円であるとした場合、合計35000円に消費税が加算されるため、総額87000ほどになってしまいます。
しかし、検査場で支払っている実際の検査料は軽自動車の場合1400円で普通車で1500円です。

カテゴリー 未分類 | 車検にまつわるトリビア  はコメントを受け付けていません。

依頼先と費用

2014年5月24日 - 13:27 | 投稿者 けんいち

車検を取るにはどこに依頼するかによって費用が変わってくる点を理解する必要があります。ディーラーや整備工場、格安車検など車検を行うところは複数ありますが、依頼先によっても費用は異なりますし何回目の車検なのかという部分でも依頼するところを選んでいく必要があります。一般的にはディーラーよりも整備工場の方が安いと言われていますし、さらに格安車検の方が安くなってきます。新車で購入して1回目の車検であれば不具合や交換備品が少ないため、ディーラーを利用してもそれ程高額な料金とはなりませんが、2回目、3回目の車検になってくると不具合や交換部品が多くなるため整備工場に依頼したほうが安くできるケースが多くなります。しかしディーラーではクレーム対応が可能な部位が多くありますので、2回目の車検まではクレーム対応が可能な不具合があった場合にはディーラーに依頼したほうが有利なケースが出てきます。通常であればディーラーや整備工場で車検を受けるのが最適ですが、全く不具合や交換部品が無い場合には格安車検も良い選択となります。格安車検は車検に必要な点検整備しか行いませんので、ディーラーや整備工場のように車を良い状態にする訳ではない点に注意が必要です。また車検以外の整備が高額となっているケースも多いため、年数や車両状態を考慮して業者を選ぶ必要があるのです。

カテゴリー 未分類 | 依頼先と費用 はコメントを受け付けていません。

車検証表記の見方

2014年5月24日 - 13:26 | 投稿者 けんいち

お手持ちの自動車を車検に出すにあたって、車検証を確認しましょう。正しくは自動車検査証といいます。基本的なことはすべてここに記載されていますが、慣れないとここで表記されている意味を汲むことができません。
まず、車検の期限ですが、左下に「有効期限の満了する日」が記載されています。この日からさかのぼって1ヵ月前から車検を受けることができます。この満了日を過ぎてしまうと、公道を走行することはできません。車載車等を利用し、できるだけ早く車検を受けなければなりません。また、1ヵ月以上早く受けてしまうと、次回の満了日が車検日の1年後あるいは2年後となってしまい、結果繰り上げ・短縮ということになってしまいます。車検の有効期限は「用途」によって違い、最上欄にあります。乗用と表記されていれば、新車で購入後3年間、その後は毎回2年間です。商用であれば毎回1年間です。
車検に必要な諸費用(法定費用)、重量税もここで確認できます。上から2段目の「車両重量」「車両総重量」です。乗用車の場合は「車両重量」で500Kgごとに規定されています。また、ハイブリッド車などのエコカーや、初度登録(最上欄)から13年以上経過している車両などは税額が異なりますので、左下「備考」欄をよく確認して下さい。
自賠責保険は次の車検満了日までを満たす期間の契約が必要となり、「用途」などにより保険料は異なります。

カテゴリー 未分類 | 車検証表記の見方 はコメントを受け付けていません。

車検の有効期間

2014年5月24日 - 13:26 | 投稿者 けんいち

車検には有効期間が定められています。自動車に乗り続ける場合は、有効期限を迎える前に車検を受けて、車検証と検査標章の交付を受けておかなければなりません。期間が満了する日は、車検証にかかれているほか、検査標章の色と印字されている数字などでも分かります。
車検の有効となる期間は1~3年の間で定められており、車種や用途により、また初回検査かそうでないかにより異なります。例えば、乗車定員11人未満の自家用車は新車登録をしてから3年後に初回検査を、以降は2年に1度は検査を受けなければなりません。これに対して、乗車定員11人以上の自家用車や、幼児運搬車、8t以上の貨物自動車、バスやタクシーなどの旅客運送用の自動車では、初回検査は新車登録から1年後、以降は1年に1度の検査が必要とされています。つまり、毎年必ず車検を受けなければならないということになります。
また、有効となる期間の起算日は車検をいつ受けるかによって異なります。有効期限から1ヶ月以内にあたる期間に車検を受けた場合は、車検を受けた日ではなく、有効期限日が起算日となります。一方、有効期限から1ヶ月以上前の期間に車検を受けた場合は、車検を受けた日が起算日となります。つまり、有効期限から1ヶ月以上前にあたる日に車検に出してしまうと、有効期限から1ヶ月以内に当たる日に車検に出した場合より次回の車検の時期が早くやってくることになります。この点は注意が必要です。

カテゴリー 未分類 | 車検の有効期間 はコメントを受け付けていません。

車検に出す前に知っておきたいこと

2014年5月24日 - 13:26 | 投稿者 けんいち

車検は、車検証の満了期限が切れるまでに受けなければなりません。車検を受けられるのは、満了期限の1か月前からとなっています。そのため、1か月以上前から受けることは可能なのですが、その場合は、次回の車検満了日がその分短縮されてしまうため、かなり不利となります。

また、車検は、自家用乗用車の場合、新車で購入すると3年後ですが、それ以降は2年毎の車検となります。また、事業用の場合は、新車で購入しても2年毎に受けなければなりません。 車の買い替えを考えている場合は、できるだけ車検満了期限の近くまで乗り続けて、車検を受ける前に別の車に買い替えという形をとるのが最適です。 車検費用についても、修理があるかどうかによって、費用が大きく変わってきますので、どこも修理がないと高をくくって安く見積もらないようにしておきたいところです。

そして、車検前に注意しておかなければならないのは、車検を受けて車検証の返付を受ける場合には、納税証明書が必要となってきます。納税証明書は、基本的に過去に滞納がなく、自動車税や軽自動車税を完納していなければ効力を発揮しませんので、過去の税金を必ず支払っておく必要があります。また、車検用の納税証明書は、年度毎に有効期限が切れますので、前年度の有効期限が切れている場合は、必ず現年度の納税を行ってから受ける必要があります。

 

カテゴリー 未分類 | 車検に出す前に知っておきたいこと はコメントを受け付けていません。